タンガロイの耐摩耗工具は、様々な分野に幅広い用途で使用されており、 製品に対して常に高機能・高精度・高品質が求められています。
時代のニーズに合わせ、最先端をリードする技術と製品を提供します。

材種表はこちら

薄膜塗布工具

(ダイコーター)

ダイコーターは、時代の最先端を行く超精密長尺部品であり、様々な生産材の薄膜塗布に使用されています。特に近年は、薄膜化と高精度がより求められています。
タンガロイの製品は、最新の加工設備と蓄積された測定技術により、真直度1μm以下 (サブミクロンオーダ-)に仕上げており、代表的な例として、セラミックコンデンサ、磁気テープ、二次電池、液晶関連などに使用されています。

ダイコーター

ダイコーター 真直度測定

1Line-3回測定 データ比較
精度:防塵、防震管理した加工室と測定室で、加工温度・測定温度を徹底管理することにより、長さ1m以上の長尺製品を真直度1μm以下(サブミクロンオーダー)に仕上げます。
本体にはSUS系母材、先端リップ部には超硬合金の使用を基本としています。
また、SUS系一体型の製品も、上記の精度内でご提供します。

レンズ成型

金型

厳選された超微粒原料を基に、鏡面加工を必要とするレンズ金型素材として、限りなく欠陥のない材料を提供しています。
また、レンズ金型用に耐酸化に優れたコーティングも各種取り揃えており、素材販売から、外郭研削加工、非球面加工の粗取りまで、要望に応じて高品質・高精度・短納期にて対応します。

レンズ金型

用途

ピックアップレンズ用、携帯電話およびデジカメ用、医療用レンズ各種、ガラスレンズ用

レンズ金型用材種特性値

材種名 硬 さ 平均粒径 抗折力 破壊靱性 熱膨張係数
HV μm GPa KiC (X10-6/K)
NF 2,050 0.3 2.0 7.5 5.4
F 1,950 0.5 2.5 7.9 5.4
AE60 1,650 0.5 4.5 10.0 5.7

鉄鋼

関連部品

用途に合わせた超硬材質の選定、刃立ち性を重視した加工方法で製品を製造し、生産性の向上、品質の安定、工具の長寿命化を目指しています。
切断工程を始めとした各生産工程で、幅広くタンガロイの耐摩耗製品が活躍しています。

鉄鋼関連製品

金型

部品

耐摩耗性や耐触性など、用途に合わせた材料選定を行い、精密な研削加工とLAP技術を駆使し、高精度・高面粗度の金型部品を製造しています。

飲料缶工具

超高圧

発生装置

超高圧発生装置の中で、高温で大きな圧力を受ける重要部品には超硬合金が使用されています。
荷重・温度などの使用条件に応じた超硬材料を選定し、各研究機関において高い信頼と数多くの実績を得ています。

ダイヤモンドアンビルセル(DAC)

DACは、ネジの回転力をピストン上昇力に変えて加圧する単純な加圧機構を持つため、プレス機を必要とせず、最小装置でかつ、高い圧力を発生することができる装置です。

使用材料

高い圧力を受ける部品には、主に、G1F・F・NF(F改良品)が使用されています。

電子関連

金型

金型の高精度化、プレスの高速化に対応し、高度の加工技術を駆使した高品質な精密金型を提供します。

電子関連製品

破砕刃

プラスチック・ビニール・紙・布などの産業廃棄物の破砕に幅広く使用されています。

一般破砕用(一軸機用超硬破砕刃)

一軸機用破砕機には回転刃と固定刃の2種類があります。
当社超硬刃は、焼き入れ刃に比べ切削性に優れ、耐摩耗性は5~10倍以上で、メンテナンス費用が大幅に軽減できます。
破砕物により、形状および刃先材種選定などのご相談も承ります。
また、上記一軸機用超硬破砕刃以外に、建設廃材および木材破砕機などの超硬製品も製造しています。

その他

耐摩耗製品

用途に合わせた超硬材料の選定と研削加工、および切削工具で培われたコーティング技術を駆使し、一貫生産メーカーとしてあらゆる分野に製品を提供しています。

その他耐摩耗製品

超硬合金

素材

長年の技術の蓄積と厳正な品質管理により作られた高品質の超硬合金は、均一な粒子構造を保持し、ロット間のバラツキが少ないことを特長としています。
お客様の用途に合わせた、ご希望の素材形状を提供します。

素材

超硬合金製造工程

材種表はこちら